前へ
次へ

田舎の土地を不動産売却するときの節税方法

都会に住んでいる人がわざわざ田舎の土地を買ったりはしないかもしれません。しかし親などから相続をして所有するときはあります。せっかく相続して所有したとしてもなかなか行けずにそのまま放置してしまう人もいるでしょう。不動産売却をするにも手続きが面倒などで忘れてしまうかもしれません。田舎の土地を不動産売却するときには一定の控除額が受けられるかもしれないので調べておきましょう。日本には多くの土地が有効に利用されていない実情があります。そこでそれらの不動産売却を進めて有効活用しやすい制度が登場しました。低未利用土地に該当する土地を不動産売却したときに特別控除が受けられる仕組みです。不動産売却で利益が出たり支払う税金が多くなるとどうしても売却をためらいます。不動産売却をして特別控除が受けられるおかげで節税できるならそれを機会に売却する人も増えるでしょう。田舎などに手つかずの状態の不動産があるなら節税できる仕組みがあるうちに売却を検討しましょう。

Page Top