前へ
次へ

意外に近いところに不動産売却相手がいる

不動産売却をするときは売却相手を探さなくてはいけません。多くは不動産会社に仲介してもらい、上手くいけば仲介手数料を払って不動産売却を進めていきます。不動産売却の相手が全く知らない土地の人もいるでしょうし、結果としてものすごく身近なところにいる人かもしれません。不動産売却においては土地の事情が悪くて売りにくいときがあります。建築基準法が時代によって変化していて、かつては法律違反でなくても今は建て替えが難しいところもあります。建て替えが難しい土地の不動産売却はなかなか買手が見つからず不動産会社も買い手を探すのに時間がかかるときもあるようです。古い住宅地などで不動産売却がしにくいとき、意外に近いところに売却相手がいるかもしれません。それは隣人などで、隣人も土地の狭さに悩まされている可能性があります。隣人が購入してくれれば土地を合算することで住宅が建て替えやすくなる可能性が出てきます。買いませんかと隣人に声をかけてみましょう。

Page Top