前へ
次へ

相続物件の不動産売却は所有名義の事前確認が必要

不動産売却する場合、その対象となる不動産が相続財産として取得したものである場合には、売買によって取得した物件と不動産売却における手続きが異なる場合がありますので注意が必要になります。注意すべき場合とは不動産売却の対象となる不動産の所有名義が被相続人のままになっている場合です。この場合は不動産売却の前に相続によって取得した人の名義にしておく必要があります。被相続人から直接購入者へ名義を移転させることは出来ません。所有名義を相続した人にすることは相続手続きになりますので、すべての相続人が関係する手続きになります。多くの人の協力が必要になる場合もありますし、多くの時間を費やす結果になる場合もあります。不動産売却の話がまとまってから対応するのでは購入者に迷惑になる可能性も出てきます。一度まとまった話ややまとまりかけた話がご破算になることも考えられますので不動産売却の前に確認し対応しておくことが大切です。

Page Top