前へ
次へ

高い査定額だけで不動産売却を決心しない

不動産会社で不動産売却を依頼するときはまず物件を査定してもらいます。物件の状態や資産価値がわからなければ不動産売却は始まりません。査定は築年数・状態・資産価値などを見て機械的にはじき出します。最初は物件を訪問しない簡易査定となります。高く不動産売却したいなら高い査定額を出した会社を選びたくなります。しかし査定はあくまで目安の金額です。簡易査定後は担当スタッフが物件を訪問する訪問査定に入ります。実際の物件をみてからでないと正確な査定額は出ません。不動産会社によっては自社で不動産売却してもらいたいから査定額をかなり高くすることもあります。これは自社の利益が欲しいがために行っているので注意しましょう。中々不動産売却できずに後々値段を下げていく可能性もあります。良心的な会社なら物件に適切な査定額を算出してくれます。少し低めの査定額を出すことによって顧客の不動産売却が不利にならないよう努めてくれます。査定金額だけを重視して選ぶのはやめておきましょう。

Page Top